FC2ブログ
にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ 転職EX blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンオイルの7つの役割と適量について

いつも精和製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
今回は機械を扱うに当たって重要な、エンジンオイルの役割についてご紹介させていただきます。
○エンジンオイルの7つの役割
・潤滑
シリンダー、ピストンリングなどの金属同士の摩擦を油膜で抑えて、磨耗を防ぎます。
・清浄
エンジン内部に発生する鉄粉や燃えかすなどの汚れを取り払い、包み込みます。
・衝撃吸収
ピストンなどの衝撃をおさえて振動や異音の発生を抑えます。
・密封
ピストンとシリンダーの間の隙間をふさぎ、パワーロスを防ぎます。
・冷却
エンジンから発生した熱を吸収することで、必要以上の加熱を防ぎ、その熱を放散します。
・防錆
金属の表面に油膜を作り、水分による錆を防ぎます。
・腐食防止
また劣化して酸性化したオイルを中和し、腐食を防ぎます。

○オイルを規定以上に入れるとどうなるの?その逆に少ない場合は?
オイルが少ない場合は、オイルの休息時間が不足するため、劣化が早まります。また坂道のような、平らではない場所ではサクション量不足が生じる場合があります。逆にオイルが多いと摩擦ロスが増えるため、燃費が悪化しパワーもダウンしてしまいます。さらに多いと燃焼ガスと混合してマフラーから排出されることもあります。
エンジンオイルを交換する際は必ず適量を入れるようにお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hseiwa

Author:hseiwa
わたし達の仕事は
お客様のお役にたって、喜んで
いただくこと。
そんなブログにできるように
がんばります!

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。